学習塾以外の習い事

学生は塾のほかにどのような習い事をしているのでしょうか。 小学生男子は主にサッカーや野球などの王道スポーツを外部で習うことが多いです。 小学生女子は主にピアノなどの音楽系の習い事をする場合が多いです。 理由は親が健康、またはおしとやかな子に育ってほしいと思っているからだと考えられます。 中学生男子は部活動というものが中学から登場するので外部での習い事はあまり増えていくことはありません。 中学生女子も同様のことが言えます。 受験時になると今まで続けてきた習い事をやめ、塾に切り替える家庭が多くなっていきます。 高校生になると男子は部活動をする者や、塾に行くもの、アルバイトをするものと多種多様な結果になります。 高校生の女子も同様に部活動やアルバイトといった個人によって異なってきます。 高校生全体の傾向としては高校に入ると習い事はやめ、部活かアルバイトに専念するものが多いと言えます。 大
 学生になると男子は塾には行かずに自らコミュニティーを見つけ、そこに所属することになります。 コミュニティーには学科やサークル、アルバイト、学生団体など多種多様です。 大学生女子に関しても同様のことが言えます。 塾に通うのは高校卒業までで、特に大学受験を控えた高校3年生は予備校に通い、塾の時間が増えていきます。