塾の経験

私は大学生の時、個人的に塾や家庭教師でアルバイトを行ってきました。 その経験から言える生の情報を簡単に紹介したいと思います。 塾の講師は集団の講義の形式の塾でした。 集団の講義であるため、一種のプレゼンテーションを行っているのと同じ感覚です。 人前で話すのが得意な人、苦手だが克服したい人には集団の講師はお勧めです。 内容は多岐にわたりましたが、生徒に教えるのには自分が完ぺきに理解しておかなくてはいけません。 集団の場合、生徒は個々に能力が異なるため、全体を見つつ、個々にも注意を払わなければなりません。 視野を広く持ち、本当に全員が理解できたかどうか確認する必要があります。 集団塾は生徒にとっては周りがいるので、競争心が湧き、学力があがるというデータもあります。
 一方、家庭教師に関しては生徒と一対一のマンツーマンだったので力を入れることができました。 一人のほうが生徒の勉強の進捗状況など管理がしやすく、また自分が育てているという責任感が増しました。 また家庭教師のメリットは家庭にお邪魔するので、親御さんとも今後の目標などを話し合うことができます。 塾も家庭教師も、一長一短あるので、お子さんや親御さんの求めるものがある方にいくことをお勧めします。