家庭教師とは

家庭教師は、主に小学生から高校生に対し、家庭で勉強を教える私教師のことです。 家庭教師をやるには資格などは必要なく、仲介の業者に登録や面談を行えば家庭教師になれます。 学生塾と同様に、学校の授業の不足を補ったり、受験勉強を指導して志望校合格のための依頼が多いようです。 大学生や社会人が学業や本業の傍らにアルバイトで行なう場合もあれば、職業として専業の場合もあります。 家庭教師そのものを定義した法律は存在しません。 家庭教師事業者は、家庭教師センターと呼ばれる法人の派遣会社が主体であり、そこを仲介し、派遣されます。 家庭教師業界の市場規模は、300億円から400億円程度と言われています。
 学習塾市場の約1兆円と比べて非常に小さい規模です。 市場はトライグループの寡占的状況だったが、個別指導塾の台頭などにより、大幅にシェアが下がっています。 少子化の影響と個別指導塾との競合により、市場全体では漸減傾向にあります。 最近では、インターネットを使った遠隔指導などの派生サービスなど、多様化を進めている事業者も多いです。 今後は少子化に伴う競争の激化やサービスの多様化に企業が応じ、今までにないサービスが生まれるでしょう。